キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪の交換 : 私が考える結婚指輪

私が考える結婚指輪

MENU
結婚指輪の由来
MENU
結婚指輪の交換
MENU
結婚指輪とリングピロー
MENU
結婚指輪は必要?
MENU
結婚指輪の費用について
MENU
結婚指輪のリサイクル

結婚指輪の交換

私が考える結婚指輪のメイン画像

キリスト教会式の儀式と思われていた結婚指輪の交換は、宗教的要素は全くない為、神前式や披露宴で行う事もできます。

結婚指輪の交換

あなたが結婚式を挙げる場合、挙式で結婚指輪の交換をしたいですか?指輪交換というとチャペルで執り行うキリスト教会式が一般的ですよね。

指輪交換とは、新郎、新婦が牧師さんの前に立ち、誓いの言葉を述べた上に参列者の前でお互いの指に指輪をはめ合うという儀式です。

参列者に親族や友人のお子さんなどがいる場合、リングピローと呼ばれる指輪用のクッションに指輪を乗せて運んでくるなど、とても微笑ましい演出をプラスする事も出来ます。

本人達はただでさえ緊張している上に、参列者の前で指輪の交換をするという儀式は、まさに緊張感の高まる瞬間かと思われます。

指輪のような小さなものをすんなりと相手の指にはめられる人は、そうそういないのではないでしょうか?手を滑らせて床に落としてしまったり、指輪をはめる指を間違えてしまったりなどの失敗談も良く聞きますよね。

縁起が悪いなどと思われる方もいらっしゃると思いますが、後になればそれも良い思い出になるかもしれませんよ。

そんな結婚式での指輪交換ですが、実はキリスト教会式に限ったものではないようです。

神社や結婚式場内の神殿で挙式を執り行う際にも指輪の交換を行う事も出来るようです。

神前式ですと、玉串奉天や三々九度などのイメージが先行しますよね。

キリスト教会式だけの儀式と思われがちですが、その背景には全く宗教的要素はないようですので、最近では神前式でも指輪の交換を行う方も増えているようです。

また挙式内で行わず、披露宴の催しの一つとして行う方もいるようで、そのスタイルは年々多様化しているようです。

あなたはどの場面で結婚指輪の交換がしたいですか?

私が考える結婚指輪 Copyright (C) www.musique-video.org.